Contents
乙女ゲームとは
薄桜鬼 〜新選組奇譚〜.1
薄桜鬼 〜新選組奇譚〜.2
薄桜鬼 〜新選組奇譚〜.3
ウェブカレ
ときめきメモリアル Girl's Side
ときめきメモリアル Girl's Side 2nd Kiss
緋色の欠片.1
緋色の欠片.2
アルバレアの乙女

    乙女ゲームとは

    乙女ゲーム(女性向け恋愛ゲーム)とは、一般的には「乙女ゲー」「乙女ゲ」「乙ゲー」などと呼ばれています。主人公(プレーヤー)が女性の恋愛シミュレーションを楽しむ、恋愛ゲームのことです。
    ゲーム内容や声優の配置等、作りもある程度パターン化されていて、ADVや恋愛シミュレーションタイプのゲームが主流です。ときめきメモリアルGSをはじめとして、男性向けゲームの女性版が作られることもあります。男性向けの美少女ゲーム(ギャルゲー)と対照的な恋愛ゲームでありながら、「美男子ゲーム」と呼ばれることが定着しなかったのは、「美男子」という単語では、乙女ゲーム(女性向け恋愛ゲーム)なのかボーイズラブゲームなのか判断がつかないためだと思われるます。

    広域と狭域の恋愛ゲーム

    恋愛ゲームとは、登場するキャラクターとゲーム世界の中で交際し、恋愛シュミレーションを体験するゲームです。恋愛シュミレーションをテーマにしたゲームの中でも、交際の恋愛シュミレーションをプレイヤーに提供するところに特徴がある恋愛ゲームです。
    狭い意味では恋愛自体が目的のゲームを指しますが、広い意味ではプレイヤーをキャラクターに惚れさせる要素がある恋愛ゲーム全般を指し、恋愛ゲームとそうでないゲームとの境界は必ずしも明確ではないといえます。基本的には男性プレイヤー向けの製品と女性プレイヤー向けの製品は明確に区別されますが、「男女兼用恋愛ゲーム」という、ひとつのソフトで両方楽しめるゲームも存在します。

    恋愛ゲームのシミュレーションとアドベンチャー

    『同級生』や『ときめきメモリアル』等の初期の恋愛ゲームは、偶発的要素や育成要素などが盛り込まれ「恋愛シミュレーションゲーム」とも呼ばれていました。一方、『To Heart』以降、よりストーリー重視の恋愛ゲームが増え「恋愛アドベンチャーゲーム」と呼ばれるようになりました。
    恋愛シミュレーションゲームと恋愛アドベンチャーゲームを混同されたりします。大半の恋愛ゲームはこの2つの内のどちらかに分類されますが、他にも「恋愛RPG」や「恋愛アクションゲーム」といったタイプも存在します。
    また、学校(大学を除く)の恋愛ゲームというのはほとんどが高校を舞台にしています。2003年に発表された『青春クイズカラフルハイスクール』はゲームの形式を採用した恋愛ゲームとしても知られています。現在、上記のシミュレーション系は衰退し、アドベンチャー系もゲーム性よりストーリーに重点を置いたデジタルノベル形式が大半を占めつつあります。

    乙女ゲーム(恋愛ゲーム)と声

    乙女ゲーム(女性向け恋愛ゲーム)では、ノンボイスやパートボイスよりもフルボイスが主流となってきています。キャラクターソングが作られることが多いのも特徴です。出演声優によるイベントも多く催されています。最近はオープニングソングにインディーズからの歌手起用も多く、プロ顔負けの実力派が乙女ゲーム(恋愛ゲーム)に勢揃いしています。

    乙女ゲーム(恋愛ゲーム)と少女漫画

    乙女ゲーム(女性向け恋愛ゲーム)は少女漫画に共通する点が多く、例えばコンシューマゲーム及び全年齢対象のパソコンゲームの場合、主人公の年齢は15歳から18歳前後に設定されていることが多くあります。しかし、成人し会社員や教師として働いている主人公もそれなりに存在しています。

    少女マンガとのタイアップ

    乙女ゲーム(恋愛ゲーム)は少女漫画とタイアップすることも多くあります。「フルハウスキス」、「遙かシリーズ」等。また「君に届け」、「花より男子」、「桜蘭高校ホスト部」などの有名な少女漫画や少年漫画の「テニプリ」も乙女ゲーム(恋愛ゲーム)化されたりしました。

    乙女ゲーム(恋愛ゲーム)の始まり

    1994年にコーエーから発売された『アンジェリーク』が乙女ゲーム(女性向け恋愛ゲーム恋愛ゲーム)の1作目と言われています。アンジェリーク後、『アルバレアの乙女』などの追従するソフトも発売されたものの、大きくヒットすることはなく、コーエーのネオロマンス作品が目立つばかりでした。その後、ボーイズラブを扱ったゲームからの流れが派生しました。

    乙女ゲーム(恋愛ゲーム)の代表作

    乙女ゲーム(女性向け恋愛ゲーム恋愛ゲーム)の代表作は『遙かなる時空の中でシリーズ』、『ときめきメモリアル Girl's Sideシリーズ』など。特に乙女ゲーム(恋愛ゲーム)自体が明確に確立したのは、2002年に発売された『ときめきメモリアル Girl's Side』を基点としています。このヒットを受けて乙女ゲーム(恋愛ゲーム)は市民権を得、本格的に乙女ゲーム(恋愛ゲーム)の市場が開拓されていきました。

    乙女ゲーム(恋愛ゲーム)市場

    矢野経済研究所が発表した「オタク市場に関する調査結果2012」では乙女ゲー市場は約146億円で、ボーイズラブゲーム市場は停滞しているという結果が出ました。

    乙女ゲーム(恋愛ゲーム)とボーイズラブ

    主人公と恋愛対象が共に男性である作品は、乙女ゲーム(女性向け恋愛ゲーム)ではなくボーイズラブゲームという別ジャンルに分類されます。ボーイズラブ(BL)要素を含む乙女ゲーム(恋愛ゲーム)も存在しますが、乙女ゲーム(恋愛ゲーム)のユーザーが必ずしもBLを好むわけではなく、逆もまた同様です。したがって、BL要素を含む乙女ゲーム(恋愛ゲーム)が好意的に迎えられることは難しいのが現状です。

    乙女ゲーム(恋愛ゲーム)と乙女カフェ

    近年登場した執事喫茶など、こういった店の総称は、大抵が「乙女カフェ」といわれています。

    乙女ゲームの歴史

    1994年
    コーエーから『アンジェリーク』が発売。
    1995年
    結婚をテーマにした初の男女兼用恋愛ゲーム『結婚 ?Marriage?』(セガサターン用ソフト)発売。育成SLG『卒業』、その女性版『卒業M』に登場するキャラクターたちの社会人となった姿を描いたというものですが、後に発売されたプレイステーション版では男主人公でしかプレイできず、女主人公視点が削除されるなど、成功したとは言い難い結果となりました。
    1998年
    富士通からPC用ソフト『ファンタスティックフォーチュン』が発売され、同人方面で人気が出る。プレイステーションへの移植署名活動が起き、3年後に実現されました。また、この年から2000年にかけて、男女兼用恋愛ゲームが頻繁に発売されるなど、恋愛ゲーム業界において女性ユーザーもターゲットと見なされるようになります。
    2000年
    AMEDEOから『FIRST/LIVE』発売。PCユーザー層でも女主人公恋愛ゲームファンが増え始めます。
    2002年
    コナミが『ときめきメモリアル Girl's Side』を発売。今まで乙女ゲームをプレイしたことがなかった、存在自体を知らなかったユーザー層も獲得し、女主人公恋愛ゲームの認知度が大幅に上がりました。また、この頃から乙女ゲーム(女性向け恋愛ゲーム)という単語が雑誌やWeb上で使われることが珍しくなくなり、浸透し始めます。
    2003年
    美蕾から業界初の18禁乙女ゲーム、『星の王女』が発売されました。
    2004年
    ディースリー・パブリッシャーが2ヶ月ごとに乙女ゲームをリリース、カプコンが他の乙女ゲームではあまり見られなかった要素を盛り込んだ『フルハウスキス』が高評価を得る、年末に発売された『幕末恋華 新選組』、『遙かなる時空の中で3』のヒットなど、乙女ゲーム業界が本格的に賑わうようになります。
    2005年
    コナミより『テニスの王子様 学園祭の王子様』が発売されました。少年漫画が題材の本格的な乙女ゲームとして注目されました。翌年には『テニスの王子様 ドキドキサバイバル』が発売されています。
    2006年
    この年に発売された恋愛ゲーム売上TOP20(ファミ通調べ)のうち8本が女性向け恋愛ゲーム、そのうち7本が乙女ゲーム(女性向け恋愛ゲーム)という結果が出ました。しかし、コーエーのネオロマンスシリーズや、コナミのGirl's Sideシリーズといった作品以外はなかなか実売本数を伸ばせませんでしたた。
    2008年
    PS2で人気を得たタイトルのニンテンドーDS・プレイステーション・ポータブルへの移植、ギャルゲーから派生した乙女ゲーム(女性向け恋愛ゲーム)の発売が相次ぎました。
    2010年
    ブロッコリーから『うたの☆プリンスさまっ♪』が発売されました。キャラクターソングCDがオリコントップ10入りを果たすなど、ヒット作品となりました。